更新情報・雑記

BepopPC EXが気になりすぎて

サイトオープン直後のCPM-100シリーズ機種リニューアル販売で、いきなりサイト全体の手直しをすることになり、なんだかすっかり調子が狂ってしまいました。 CPM-100SH2…欲しいなぁ( ;∀;)。小さな文字だとやっぱり400dpi...
更新情報・雑記

ビーポップCPMの新商品が発売されてた

無事サイトオープンし、あとはのんびり「作ってみた」を投稿していこう!と気合入れていたら、ビーポップCPMシリーズが揃ってバージョンアップ新発売されているではないですか! 発売日がサイトオープンの1日後とか…なんというタイミング(;´Д...
BebopPC

BepopPC基本操作(動画リンク)

操作説明動画リンク(公式YouTube) YouTubeのチャンネル【Bepopフリーカットラベルプリンタ】でマックス公式さんが操作動画配信されています。まずはBepopPCだけでできる操作をマスターしてみましょう。 Bepop:基...
BebopPC

BepopPCでできること

BepopPCでできること 「BepopPC」はシンプル操作のビーポップ専用アプリケーション。ラベルのレイアウト、QRやバーコードの作成、シンボル(ビーポップ専用イラスト集)の読み込みや編集など、ラベル作成のデータ作りが一通りできます...
Bebop コラム

Bebopのマシン価格とコスト

ビーポップは高い? 業務用ラベルマシンのお値段 ビーポップのCPMシリーズは、対応用紙が10cm幅の粘着シートだけなのでカッティングマシンやプリンタは比較対象にならず、ラベル専用マシンと比べるにはなかなかの高機能と、ちょっと特殊なマ...
Bebop CPM 消耗品

あると便利な道具たち

なくても作れるけどあると幸せ ビーポップのマシンを購入すると、ピンセットやスキージなどの必需品ももれなくついてくるので、消耗品だけ用意すればすぐにラベルやシールが作れます。 だからなくても不便はないのですが、あると作業がとても早...
Bebop コラム

Bebopのラミネート加工

Bepopのラミネート2種 ビーポップのリボン印刷での塗膜はなかなか強く、爪でカリカリしたところでカンタンに取れるものでもなさそうでうが、さすがに尖ったものでガリガリすると傷が付きます。 そして、ラベルやステッカーなどというもの...
Bebop コラム

Bebopの仲間たち

Bepopのファミリー ビーポップ CPMは、屋内用シートにプリントとカットができるシリーズ。対してCMシリーズはカッティングのみのマシン。200幅、300幅の屋内・屋外の専用シートをカットできます。 専用シートしかカットでき...
Bebop コラム

本体や消耗品をお得に買うワザ!

楽天のちょいワザ 業務用マシンや消耗品の多くはメーカーからしか購入できないことも少なくなく、当然比較もできませんし、割引もポイントも期待できません。注文方法も昔ながらのFAXだったり、なかなか面倒なものです。 ビーポップはオフィ...
Bebop 活用アイデア

Bepopの端材、余りシートの活用法

端材の再利用アイデア ロールシートをスプロケットで送るビーポップシートは、どうしても最後に使い切れない部分が出てしまったり、紙送りなどの余白が出てしまいますが、その端材、もったいないな、と思いながら捨ててしまっていませんか? 小...
スポンサーリンク