BepopFreak!

ビーポップの本気|ラベルプリンタ【ビーポップ】CPMシリーズのフル活用レビュー!

BepopでポケモンGOのポケストップステッカーを作ったよ!

      2017/04/14

みなさまは「ポケモンGO」はプレイしていますか?大分投稿が遅れてしまったので、すでに「もう飽きちゃったよ〜」という方も多いかもしれませんが…

ボールなどのアイテムを入手できる「ポケストップ」。運良く店舗に設置されたので、ウィンドウステッカーにしてアピールしたい!というBepopオーナーさまもいらっしゃるのでは。モンスターボールの形が怪盗グルー同様、とてもシンプルなマークなので、今回はBepop PCの機能だけで作ってみることにします。

Pokémon GO App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料

Bepop PCだけでポケストップのステッカーを作る

Bepop PCには、中抜き合成のような機能がありません。というか、自分にはどうしても見つからないので、もしご存知でしたら教えてください(;´∀`)…

例えば□と◯を組み合わせたシンプルな形を作りたくても、「合成・合体」みたいなことができず、カッティングステッカーの場合は、重なった線の部分も全部カットされてしまうのです。

というわけで、Bepop PCの機能だけで作れるマークというと、かなり限られてしまうんですね。今回はちょっと工夫して、作れる形だけで作ってみましょう!

対応環境

● 対応マシン:CPMシリーズ/CMシリーズ
● BepopPCバージョン:2.8
※使用している機能に大きな違いはないと思いますが、バージョンにより画面が違うことがあるかも。

材料

●シート:シロ・アカ・スカイブルーなどお好みで
※消耗品は楽天 ぶんぐるさんなどでお得に購入できます!

1. パーツを作る

BepopPCを立ち上げたら、右上のハサミのついたアイコン、[カット枠 四角]や[カット枠 円/楕円]を使って、パーツを作ります。以下は95mmφのボールの場合。あ、比率とかは見た目の適当です(●´ϖ`●)
・[カット枠 円/楕円]で95mm丸 ✕1
・[カット枠 円/楕円]で30mm丸 ✕1
・[カット枠 円/楕円]で20mm丸 ✕1
・[カット枠 四角]で37mm✕5mm ✕2
の5パーツ。

Shiftを押しながら円を描いても正円になりますが、適当に丸を描いたあと、右クリック→プロパティ(オブジェクトのプルダウンからも行けます)でプロパティウィンドウを表示し、数値を打ち込み、真円指定にチェックすると正確な数値で描けます。

2. グリッドに合わせる

格子マークのアイコンから、グリッドの設定を
・表示:する
・間隔:1mm
・グリッドに合わせる:する
にします。

倍率を大きくするとグリッドが見えるようになるので、前回作った四角のパーツを、上下同位置、間隔を手動で23mm開けて、2つを選択してグループ化しておきます。

3. 整列

・95mm丸
・30mm丸
・20mm丸
・グループ化した37mm✕5mmの四角
を、全部一緒に選択したら

「左右中央合せ」
「上下中央合せ」
を1度づつ。

あーら不思議!あっという間に完成〜!3ステップでした。

はがす部分はここですね。

1色だとちょっとわかりにくいかな。「POKESTOP」などの文字も入れた方がいいかも。色分けする場合は、この周りを包み込むような大きめのカットラインか、枠切り機能を使ってパーツの位置を合わせてください。

この形状なので、内部の◯を別にもう一つ出力しておけば一度に2つできちゃいます!

ドロー系ソフトの読み込みで

もちろんIllustratorやInkscapeなどのドロー系ソフトなら、もっと細かな表現ができます。

ちょっとリアルなタイプ。これならすぐわかるかな。

そして、ついでにチームロゴ(*´艸`*) 実は天邪鬼な管理人は一番人気のないというウワサのイエロー=インスティンクトにしたのですが、偶然、自宅周辺はイエローがかなり強かったようで。別に戦わないので意味はないんですけど。

あ。作ってから気づきましたが、イエローのロゴって直線だけなんですね!これならBepopPCの機能だけでもきれいにできそう。(ブルー・レッドはちょっと無謀ですが)気力さえあれば、かなりよいBepopPCのトレース練習になりそうですよ!

そして、現行マシンに付属のBepop PC EXは、今までなかった「dxf」形式に対応とのことなので、IllustratorやInkscapeを覚えれば、作れるものがグ〜ンと広がるはずです!

最新版がなくても、ワンコインスキル販売のココナラには変換サービス(非公式)や、手描き画像をトレースしてIllustratorファイルにしてくれるサービスもたくさん出品されてますので、上手に使ってBepopを大活用しましょう!

【色分け対応!】カッティングステッカー、ロゴステッカーに!イラレ→ Bepopデータ変換 ワンコインスキル販売のココナラのサービスなのでワンコイン(500円+税)から匿名で気軽に利用できます。

 - Bebop で作ってみた ,